美しい風景画としてキャンバスに描くかの如く

更新日:

どのくらい自分のことを理解しているだろうか?
 
どのくらい自分の取り扱う
商品(モノ・情報・サービス)のことを
理解しているだろうか?
 
「WEBプロモーション」の本質は、
「自分」という部分にあること、
今回のセミナーでは、
ご理解頂ければ幸いと思う。
  
15年前から、
ネットの「情報系の世界」に
身をおいている僕。
  
これまでも沢山
「WEBプロモーション」
と呼ばれる情報を見聞きする
機会があった。
 
けれども
その大多数の内容を
ひとことで言うと。
  
「いかに感情的に流される言動を駆使し
 お客様を騙すか・・・」
 
・・・というものばかりである。
 
近年でも、
「プロダクトローンチ」などと言って、
4話くらいの動画をばらまく形で、
身振り手振り。
 
いかに自分がすごい人間か?

どれほど過去がどん底の状態だったか?

すごい商品のお蔭で人生が変わった!

あなたも必ずできる!

今すぐ行動しよう!
 
などということを、
魅力的な言葉や
嘘のコミットメントを並び立てて、
 
いかにもな演出と共に
煽り立てる。
 
つい一昨年、昨年には、
ネット上ではこの手の方法で
「仮想通貨/暗号通貨」の
ICO系ばかりが案内されていたのは
記憶に新しいと思う。
  
はじめから最後まで、
何も形が無いものを、
よくぞまあ、熱く真剣に
語れるものである。
  
その前は、
「プロダクトローンチ」そのものを
教えるというものが流行っていたし。

その前は、
「コピーライティング」というものも
ヒットしていた。
 
その中身は昔ヤフオクでよく流行ってた
インチキ商材。
 
「あなたが10万円で落札した
 この商品を同じ文章で
 10万円で出品すれば
 あなたも稼げますよ!」
  
・・・と言ったものと、
何も変わらない。
 
けれども、
そうした手口を駆使していた
彼らの大多数は、
 
お客様を煽り立てて騙す形で、
短期間に
膨大なお金を得たところで、
    
人生の中で一体何を
得られたのだろうか?
  
僕たちはとてもとても
疑問に思うのだ。
  
お金を出して購入した方々も、
ふと目が醒めれば
いずれ「騙された!」と
気づけるわけで、
  
その後に残る感情とは、
いかなるものなのだろうか?
 
これを考えてみれば、
 
彼らがこれまでやって来たことを、
これから新たに皆さんが
やる必要は無いと思う。
  
今も昔も変わりなく。
 
世の中には、
人を騙し続けることでしか
生きられない者たちもいる。
 
これは人間の文化が
はじめってから今日まで、
ずっと続いていること。
 
いつの時代も、
そういう人間が
その配役と共に出現すること。
 
これも
間違い無い事実。
  
ところが、
彼らがネットという
ジェットエンジンを使える
時代になってしまったため。
   
短期間で膨大な富を
稼ぎ出せるようになってしまった・・・
とも言える。
  
しかし、
フェイクはどこまで言っても
所詮はフェイクなので、
 
そういうことをして
生き残り続けられるわけもないし。
  
まだ、
新しく生まれる「カモネギ」を相手に
身振り手振りし続けることで、
辛うじて生き残ることができたとしても、
  
「飛んでイスタンブール」に
なるか?

海の底に斜めにゆっくり
沈んで行く日は
そう遠くない。
     
何よりも、そういう行為は
人相と背中に必ず現れる。
  
しかし、
彼らと同じような配役を、
社会の中での指名・役割を、
 
あなたがこれから新たに
つかもうとする必要はない。
 
「プロモーション」とは、
動画・音声・写真・文章、
身振り手振りでお客様を
騙すことではない。
 
「プロモーション」とは、
お客様よりも何よりも先に、
 
自分が自分自身のことを
追求し続けること。
 
自分が提供する商品のことを
追求し続けること。
 
これに尽きる。
  
自分以外の人を仮初の言葉で
一時的に騙すことができたとしても、
自分自身を騙すことはできない。
   
自分とは何者なのか?
 
自分の取り扱ってる商品とは
どのような意味を持つ商品なのか?
 
これをとことん言語化できる状態に
落とせるまで探求し続けること。
 
それを、
絵画のように具現化する。
 
自分と自分の提供する商品を、
美しい風景画として、
キャンバスに描くかの如く。
 
具現化された絵画を
媒体を使って表現できた時、
  
自分や自分が提供している
商品(モノ・情報・サービス)を、
知って認めてくれる方々が、
ひとり、またひとりと増えていく。
 
通常、
日常的に普通に生きているだけでは、
自分を知ってくれたり、
理解してくれたりする他人は
なかなか得難いもの。
 
それゆえに、
自分や自分の提供してる
商品(モノ・情報・サービス)を
知ってくれて、
理解してくれた
他人はとても尊いもの。
 
その上で、
自分と自分が提供する商品を、
お金を支払ってまで採用してくれた方々の
恩に報いる行為。
 
それが「プロモーション」である。
  
これは、
リアルの世界でも、
ネットという世界でも、
同じことが言える。

来る3月24日(日)のセミナーは、
そういうベースがあった上での
お話になるので。
 
もしも、
「WEBプロモーション」の意味を、

「いとも簡単に他人を騙して、
 無価値な自分や商品を
 売りつけて、
 自分だけ儲かれば良い行為」
 
だと勘違いしまっている場合は、
予めご遠慮頂きたく思う。
 
 〜20年生き残る「WEBプロモーション」    
  ディープバージョン〜    
 
詳細・お申込みはこちら 

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-WEBプロモーション, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.