「産みの快楽」を堪能できるクリエイターというお仕事

更新日:

幼い頃からずっと遊んできた、
玩具、ゲーム・・・。

夢はクリエイター。

商品の企画・開発のお仕事がしたくて、
玩具&ゲームを取り扱っている
メーカーを就職先として
選択したのがもともとのキッカケ。

幸運にも、
東証一部に上場している、
玩具メーカー1社、
ゲームメーカー2社の
内定を頂戴し。

そのうち、
ゲームソフトも取り扱ってる
玩具メーカーに就職先として選択。

しかし、
入社後の僕を待ち受けていたのは、
営業職への配置だった。。(涙)

僕個人的には、
クリエイター気質だと
根拠もなく信じて疑わなかったのだけど。

サラリーマンというのは、
たとえ自分が希望する
会社に入社できたとしても。

自分が希望する
職種に就けるとは
限らないことを知った。。

孔明:
「僕はクリエイターになりたいのに!(涙)」

その想いを胸の内に秘めながらも、
まずは目先で与えられた、
営業マンとしての職務を、
トコトン遂行してみることにした。

本業のサラリーマンでは
営業マン。

副業ビジネスでも、
営業コンサル。

二足のわらじで、
営業道をトコトン
極めて見ることにした。

そんな僕に転機が訪れたのは、
2003年の事。

アジア営業として、
香港に転勤&赴任した後で
知ってしまった。

アジア営業としての
業務内容。

な、なんと、

香港支社では、
営業担当が、
日本の商品を並行輸入的に
同時販売しながらも。

アジアオリジナル商品を、
自分で企画開発して、
販売して良いとのこと。

孔明:
「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」

こうして僕は晴れて、
企画開発に携われることになった。

「玩具クリエイター!」

積年の夢のひとつが
叶った瞬間である。

もしも本社の企画開発担当であれば、
何かにつけて、
上司の許可が必要だったり、

そもそも部会とかで、
承認を得なければ企画が通らない。

しかも、
上で決まったことが、
担当割り振りされる・・・
という感じだった。

けれども香港支社では、

GM:
「売上・利益の結果さえ取れて、
版権元の許諾が取れれば、
何創っても良いよ!」

・・・なんと、
上司の許可はめくら判状態で、
なんでも自分で企画開発
できるとのこと。

「水を得た魚」とはこのこと。

赴任した初年度から、
躊躇なく商品の企画開発を、
ガンガン推し進めた。

そして・・・

初年度に手がけた、
2カテゴリーが
いきなりアジアで大ヒット。

内ひとつは、
本来版権元の許諾下では
販売してはならない
国と地域にまで、
横流れするほどの大ヒット。

当時も、
物販系の個人転売バイヤーというのは、
沢山いたようで。

本国日本にまで、
横流れ商品が大量に
行ってしまったようだ。

「勝手に商品が流れて来るんだけど!」

日本本社から、
ヨーロッパ支社から、

クレームを頂戴したものの、
個人転売バイヤーたちを、
取り締まることは僕にはできない。

いつしか、
日本のヤフオクにまで、
「香港◯◯◯◯」という
僕が香港で手がけた商品の
カテゴリーまでできてしまっていて、
物議を醸した。

オリジナル商品として、
細かいの合わせて年間約200~500SKUは
手がけたと思うが。

香港大富豪の会社の役員たちからも、
「孔明さんの提案する商品は、
95%売れる。」
とおっしゃって頂いた。

会社に在庫は、
ただの一つも残さなかったので、

GM:
「遠慮なくドンドン造って良いよ!」

・・・ということで、
お客様が買ってくれる限り、
ドンドン創りに創った。

すると・・・

売上・利益は、
香港支社の売上レコードハイを
毎年更新。

自分で創ったものを、
マーケティング提案とともに
自分で売りに行く。

メーカーの人間としては、
最高のお仕事。

サラリーマンとしても、
充実した日々を、
送ることになった。

これが、
僕がクリエイター的な
お仕事をするに至った元々の経緯。

かつての僕と同じように、
「クリエイターになりたい!」
と夢や希望を抱いている方々が
どのくらいいらっしゃるのかは
正直分からないが。

「商品企画」というものには、
営業とか、宣伝広告とかとはまた別の、
「産みの喜び」のようなものを
味わうことができる。

自分がコツコツと準備をして、
世の中に生み出した商品を、

販売代理店が購入してくれて、
卸売問屋さんたちが購入してくれて、
エンドユーザーの手に届いた後、
喜んで下さる。

僕も、
最初にクリエイターとして
手がけた商品が
2つとも爆売。

土日だけで香港市場から消滅したのを
市場視察で売り場を回って
目の当たりにした時には、

なんとも言えない
快楽を味わうことができた。

あれ以来僕は、
自分で企画開発した商品を、
アジア各国のお客様のところを回って
自分で売って来る。。。

・・・という
快楽に浸りながら、
今日に至るわけだ。

サラリーマンでも、
副業ビジネスでも、
独立起業後も。。

時には、
他人が販売するために
商品企画をしたりすることもあるが、

それが、
市場に受け入れられるのを見るのは、

お金を稼ぐとかもうけるとか、
そういうのとは全く別の、
快感を体感することができる。

他人が企画開発して、
商品化したものを、
営業マンとして販売する・・・

というのも、
これはこれの楽しみもあるのだが。

自分がクリエイターとして
企画開発して商品化したものが、
世の中に受け入れられる瞬間。

これに勝る快感を
味わえる仕事は、
他にはないのでは?

・・・と、
営業マンもやり、
クリエイターもやりの
僕個人的には思うので。

この快楽を人生の中で、
少しでも多くの仲間たちにも
味わってみてもらいたいなと。。

毎月一度、
平城寿@SOHOと対話しながらの、
ワンタイムセミナーの
今月のテーマは、
「商品戦略」。

モノ・情報・サービス、
その全てに活用できる
とっておきの「設計図」を、
公開させて頂くことになった。

・・・ということで、
今回は人生の中で、
一度は「クリエイター」的な
お仕事をしてみたい!

自分の「企画開発」した
商品を世の中に送り出したい!

この「産みの快楽」を
味わってみたいという方々
対象のセミナーになるので。

これまでのお仕事が、
営業マンでも、
事務方でも、
夢や希望を捨て去ること無く。

思うところがあれば、
是非とも参加頂きたいなと思うわけである。

2月23日(土)会場とZOM両方で同時開催するセミナー

詳細・お申込みはこちらから

真田孔明@文学錬金術師

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-商品戦略, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.