顧客を虜にする、後光のストーリーフォーミュラ

更新日:

男は2010年にK氏と出会い、 
一度のSkypeミーティングを通して意気投合。 
 
それから『盟友の契』を交わし、 
これまで活動を共にしてきた。 
 
その中で男はK氏と共同でプロジェクトを 
行うことにより、 
K氏の仕事術を肌で体得することができた。 
 
2011年〜2012年にかけて手がけた 
あるプロジェクトにおいて、 
年間36万円の会員を合計約800名獲得。 
 
全てはK氏の「メールマーケティング」 
の力によるものだった。 
 
2011年当時は、情報ビジネス業界において 
36万円のサービスでも「高額」と言われていた。 
 
それを、オンラインだけで、 
しかもメールマガジン1本だけで、 
K氏は実現してしまった。 
 
36万円のPayPal決済通知が 
共同のメールボックスに入ってくるのを 
目の当たりにし、男の脳みそが「パカーン!」 
と割れるような感じがした。 
 
K氏は自身のプロモーションに 
絶大なる自信を持っていて、 
常に期待値以上の結果を見せてくれた。 
 
(この男と一緒にいれば、必ず稼げる。) 
 
そういった頼もしさがあった。 
 
そして2012年頃から、 
男もK氏と共にネットビジネスの講座を 
スタート。 
 
その時にK氏が言語化して公開してくれた、 
読み手の心を鷲掴みにして離さない、 
絶対的な法則がある。 
 
それが、「後光のストーリーフォーミュラ」 
というものだ。 
 
この「型」に従って展開を構成することで、 
見込み顧客がぜひあなたからサービスを受けたい、 
と思ってもらえるような強力なものだ。 
 
それでは、特別にあなたにも、 
このフォーミュラをお伝えしたいと思う。 
 
○後光のストーリーフォーミュラ 
 
ステップ1) 
お客の悩み・問題を解決し、願望をかなえてあげられる。なぜなら… 
 
ステップ2) 
お客の悩み・問題に共感してあげられる。なぜなら… 
 
ステップ3) 
自分の提供するものは優れている。なぜなら... 
 
ステップ4) 
自分の商材に書かれてあるのはこういうことで、こういうメリットが約束できる。 なぜなら… 
 
ステップ5) 
お客は今すぐ行動しなければならない。なぜなら...  
 
以上の5つの流れを頭に叩き込み、 
 
この「型」をステップメールや日々の投稿や 
セールスレターに適用させるだけで、 
読み手(見込み顧客)の反応が大きく変わってくる。 
 
ちなみに、この5つのステップは 
K氏によると「簡易版」ということらしい。 
 
36万円のサービスに約800名が参加したプロジェクト。 
この時には「フルバージョン」を駆使している。 
男もプロジェクトに一緒に参加していたので、 
その威力を肌で味わっている。 
 
全く売り込み感が無いにも関わらず、 
申込みの定員オーバーとなり、 
後から後から「今からでも参加できませんか?」 
という質問が殺到していた。 
 
オフ会はいつも100人規模の会場を借りていた。 
 
メールだけでこれほどのお金が動き、 
人が動くという世界がある。 
 
これをK氏は人から学んだのではなく、 
自ら素で見出したというのだから、 
本当にマーケティングの天才としか 
言いようがない。 
 
3月24日(日)のセミナーでは、 
K氏からこの「フルバージョン」が公開される。 
 
zoomでも参加は可能だが、 
やはり会場で参加したほうが、 
真剣味が増すというものだ。 
 
そして何よりも大事なのは、 
"自らが成りたい人と同じ空間を共有する"、 
という点だ。 
 
セミナー会場でも、最前列に座ったほうが、 
K氏の空気感を肌で感じることができる。 
 
会場参加者も後日動画を入手できるので、 
ぜひ会場参加をオススメしたい。 
 
2019年3月24日(日)10時〜14時  
〜20年生き残る「WEBプロモーション」  
ディープバージョン〜  
  
▶詳細・お申込みはこちら  
※会場は東京・渋谷近辺 
※申込み期限:3月23日(土)24時

  • この記事を書いた人
アバター

平城寿@社長の右腕

『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書』(マイナビ出版)著者

日本最大級(会員約27万人)のビジネスマッチングサイト『@SOHO(https://www.atsoho.com)』の開発者であり創業者。

大学卒業後、内定をすべて辞退し半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半後に24歳で1度目の独立を果たす。

フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。

大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに就職し3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に『@SOHO』を立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。ITエンジニアの独立起業をサポートする 『スーパーエンジニア養成講座』を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し『海外ノマド』という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。

さらに、業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座『平城式Facebook』を開講。これからはピラミッド社会ではなく球体の社会になると予見し、既存のシガラミに囚われず価値観を共有できる仲間とつながるためのオンラインを中心としたコミュニ ティー『成幸村』を構想し実現。

一貫して『個人が自己実現をするための事業活動』を行っている。

-WEBプロモーション, 平城寿, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.