せめて、人間の男性に会いたい・・・。

投稿日:

「「修羅」に会ったことがありません。
 「修羅」の独身男性は
 どこで会えますか?」
 
「婚活」において
「修羅」に会えない理由。
 
総務省発表の「就業構造基本調査」。 
男性の「未婚率」と「年収」の相対関係、
を見るとすぐに分かる。
  
「年収1,000万円以上:未婚率5%」
 
「修羅」の男たちは
ここに該当するわけだが、
 
未婚率が5%・・・
ということは、
95%が既婚者系。
 
年収が上がれば上がるほど、
急速に婚姻率が上がる。
 
「年収2,000万円以上」ともなれば、
未婚率は0.5%位になるのでは
ないだろうか?
 
しかも、
5%や0.5%の未婚「修羅」男たちも、
奥様の力を借りずに、
「修羅」へと昇った方々。
  
このリアルは、
「イノセントボーイ」などは
ほぼ存在せず。
  
どちらかと言うと、
むしろ逆。
 
「VS女性」のプロやセミプロ
的な感じの方々。
 
イメージ的には、
歌手のガクトとか
ホストのローランドとかのように、
 
「世の中のオンナ
 全てオレのモノ、
 なんでオマエたった一人と
 結婚なんてしなきゃいけないの?」
 
的な感じである。
 
超運良く彼らと
お付き合いできて、
 
一人では勿体無いレベルの
豪華めな自宅に
上がり込むことができたとしても。
 
脱いだばかりの服を
床に放り投げて、
速やかに拾わなかったら。
  
「うちは掃除は家政婦、
 食事は外食、
 そのくらいできないで、
 オマエの存在価値って何なの?」
 
・・・のようなことを言い放たれ、
大いなる絶望感を味わうのが
オチである。
 
敷居を下げてみて、
 
・年収700万円:未婚率役10%
・年収400万円:未婚率約20%
 
日本の平均年収以上400万円の
男性たちも、
 
プチガクトや、プチローランド
のような思考の方々が多い。
(でも突き抜けてはいない。。)
もしくは、
エンジニアなどの
笑顔で微笑むことさえできない
ガッチガチ系。
 
この手の男たちが、
婚活パーティーに行くことは稀。
 
結果、
婚活をしてる男たちは、
 
・年収300万円:未婚率約30%
・年収200万円:未婚率約50%
・年収100万円:未婚率約65%
・年収50万円未満:未婚率68%
  
「ラッキー」で会えても、
30%の年収約300万円位の
男たちが多い。
  
逆から因果関係を見てみると、
年収が低いということは、
 
人から求められていない、
考え方や言動ばかりをしてしまう。
 
ヤバイレベルで。。
 
根本的な何かが
故障してるような感じ。
 
・・・ということで、
外観とか服装どうとか以上に、
 
お話しただけで
「人として、意味がわからない(涙)」
という男たちが多く。
  
「婚活パーティーとかに行っても、
 モンスターのような男たちしかいません。
 人間に会いたい・・・。」
 
婚活中の女性たちから、
ため息が漏れるのは、
ある意味「必然」とも言えよう。
  
兎にも角にも、
「婚活」される際、
 
まずはこの数字を
事実として受け止めることが、
最初のステージと言えよう。
 
その上で、
「男女の陰陽太極図」を知り、
「設計図」を作っていくことが
求められる。
 
  
◯「修羅」な男たちを育成するための「エネルギー源」
 
年収の低い男たちを捕まえて
彼らを「修羅」へと引き上げた方が、
現実的。
 
・・・ということになるが、
この際、男女それぞれの、
「エネルギー源」的な根幹の部分を
よく理解しておくことが求められる。
 
なぜなら、
 
男たちが「修羅」へと昇る過程において、
「エネルギー源」の確保が、
要になって来るからだ。
 
その際、
 
独身:
「過去にお付き合いしたことあるけど、
 長続きしない・・・」
 
既婚:
「結婚してるけど
 夫婦関係は良好ではありません。」
 
もしもこの手のことが、
見に覚えある場合、
    
そもそも根本的に、
異性が自分に対して
何を求めているか知らない、
  ↓
「エネルギー源」
を知らない場合が多い。
  
すると、
パートナーを
どうチアアップするかを、
全く知らないことになるから。
 
そのまま
新たなお付き合いを発生させても、
既存の関係を継続しても、
日常には何も変化が訪れない。
  
むしろ、
そんな自分と付き合ったことで、
相手はさらに下がっていく
可能性さえ高くなる。
  
「おしゃべり面談」などの中でも、
 
「男性が女性に対して、
 本質的に求めてるものは
 何だと思いますか?」
 
「女性が男性に対して、
 本質的に求めてるものは
 何だと思いますか?」
 
・・・この問いに、
明確な回答ができない方々が多い。
   
例えば、
男性が女性に対して、
本質的に求めてることは、
 
漢字一文字「◯」に
集約されており、
 
その一文字から、
外観、言動・・・へと
派生していっている。
 
大本になる
「要」が分からなければ、
 
いくら書籍やネットで
「情報」を得て、
取り入れようとしたところで、
全ては「枝葉」。
   
大きな改善には
つながらない。
   
男女それぞれが
求める「根源」とは、
  
男女それぞれにとっての、
「エネルギー源」でもあり。
 
「修羅」として、
昇っていくためには、
この「エネルギー源」が必要。
 
「エネルギー源」が途切れると
途中ですぐに
「燃え尽き症候群」に
なり頓挫してしまう。
  
「修羅」に昇っていく過程の中で、
どうやって「エネルギー源」を
確保し続けられるか?
 
これは、
人間が生物であるゆえ、
生命活動と直結する部分でもあり、
ものすごく重要なこと。
 
・・・ということで、
今回平城寿@SOHOと共に
開催する「黒虎ZOOMセミナー」のテーマは、
 
『エデン』。
  
男性がこれから
パートナーを得て
昇るために。
 
女性がこれから、
パートナーを昇らせるために。
 
要になってくる
「男女の陰陽太極図」を
公開させて頂く。
 
本日、7月14日(日)22時開催
 
『エデンの園2019』
男女の陰陽太極図「令和ver.」
詳細はこちらから
 
 
追伸
 
僕たちが開催している
ビジネス系セミナーやその懇親会には、
 
独身男たちも意外と多く来てるが、
僕の発信する内容に
反応できることもあるから、
 
サラリーマンでも
もともとの年収相場も高い。
  
独身でも、
年収700万円以上。
 
・国大出身
・エンジニアやスペシャリスト
・イノセント
・・・の三拍子揃った方々も
何人かいたりするが。
 
彼らこそまさに、
「結婚したら一気に収入あがるのに・・・」
という「修羅予備軍」の
香りがする。
 
独身属性の中でも、
スマホ課金で例えると
「超激レア☆☆☆☆☆☆☆」
に巡り会える確率が高いことになる。
 
「婚活パーティー」とか
行くよりは、
 
僕たち周りの
ビジネスセミナー&懇親会に
出席した方が、
 
優れた「脳のOS」を持つ
優良な男性に
巡り会える確率が、
極めて高いということになる。

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-エデンの園2019, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.