僕の想像とは全く違った「ソロキャンパー」の実態

更新日:

ジョホールバル入りした時、
一緒にゴルフ回ったり、
生ビールを飲みに行ったりしてる仲間、
修羅SGの弟さんは「ソロ(ひとり)キャンパー」。
 
サラリーマンで独身、
実家ぐらし。

お金を 
生活費に使うことも無し、
お子様たちの教育費に使うことも無し。
  
人生の中で、
お金を使うあてが
まったくないため、
貯金は数千万円位は
あるとのこと。。
 
そんな修羅SG弟さんの
唯一の趣味は「ソロキャンプ」。
 
 
◯常識では仲間や家族と行くのが「キャンプ」
  
昭和の時代も、
「キャンプ」というものは
かなり人気があった。
 
僕も普段は、
その手のアウトドア活動には
それほど興味はないけれど。
   
最新の
キャンピングカーの広告を見たり、
 
アウトドア専門店などに行って、
ズラリ並ぶグッズを見てると、
なぜか胸にゾワゾワ来るものがある。
  
孔明パパ:
「キ、キャンプグッズ買おうかな。。
 キャンプでも行こうか!」
 
娘たち:
「虫いるから嫌!
 太陽も嫌い!
 汚い!」
 
・・・の三拍子で、
一瞬の内に
撃沈されてしまったのだが。
  
グッズをズラリ揃えて、
最新のキャンピングカーに乗り込み
大自然あふれる
森や河川へ・・・。
 
というのは、
その手の刺激を受けて、
感化されてしまった時だけ、
憧れてしまうものがある。 
   
近年、
家事のお手伝いを分担する
優良パパが増えてきた。。
 
という心温まる情報が
流れる中。
 
炊事、掃除、洗濯・・・
などの家事は一切やらない
ダメ夫の僕。
  
ひとり旅先でも、
極力ホテルのランドリーサービスを活用したり、
 
もしくは「一石二鳥!」と
服を着たまま
シャワーを浴びたり
してしまうほどの僕でも。
  
キャンプ場に出向けば、
なんか僕でも料理とか
できそうな気がする。
 
長女:
「パパってお仕事だったら
 料理できそうだよね!」
 
・・・と、
焼肉屋とかに行った時の、
肉を返すトングさばきを見て
言われることもあるし。
 
(片面は油が浮かんでくるまで
 しっかりと焼いて、
 もう片面はさっと炙るだけ・・・
 を徹底するタイプ。)
  
本来キャンプというのは、
仲間たちや家族と一緒に
みんなで行くもの。。
という常識があったが。
 
実は最近巷では、
修羅SG弟さんのような、
 
「ソロキャンパー」が増え、
水面下で密かな
ブームになっているようだ。
  
  
◯想像とは全く違った「ソロキャンパー」の実態
  
「ソロキャンパー」と言っても、
完全に誰もいないところに
行くわけではなく。
 
「ソロキャンパー」たちが集う、
キャンプ場に行くようだ。
 
そこに、
数多く同じような
「ソロキャンパー」たちが
集って来ると言う。
   
孔明:
「なんだ、それなら
 楽しそうじゃないですか!
  
 オンラインゲームのように、
 見ず知らずの方々が集い、
 共通の目標を持って
 共に活動するんですよね!」
 
各々が持ち寄った食材で、
バーベキューでもしながら、
 
火を囲んで
缶ビール片手に
見ず知らずの者たち同士が
打ち解けあい
楽しそうに談笑してる情景が
頭に浮かんできたが。
 
どうやら実際の
「ソロキャンパー」たちの実態は、
僕の想像とは
全く違っていたようだ。
 
見ず知らずの
「ソロキャンパー」たちは
同じ「キャンプ場」という
場所に集ってはいるものの。
 
それぞれ、
会話をするのか?
いや、しない。
 
一緒にバーベキューするのか?
いや、しない。
 
一緒に缶ビール片手に乾杯するのか?
いや、しない。
 
なぜなら、
「ソロキャンパー」たちは皆、
ソロになりたいから来てるのだから!
   
周りとの「ソロキャンパー」たちとの
交流などというものは、
全くしないとのこと。
  
大自然に囲まれたキャンプ場での
キャンプは好きだけど、
 
他の誰かと日程を調整したり、
必要なアイテムが増えたりと
手間がかかっるようなこともしたくない。
 
普段会社で嫌という程同僚たちと
コミュニケーションをとらざるをえない状況で疲弊。
 
なぜわざわざ休日まで
他人と交流しなければならないのか?
 
大自然という非日常空間の中でひとり、
何をするのも自由。
 
誰にも縛られない、
気ままな時間を過ごす。
 
それが楽しくて、
「ソロキャンパー」を
やっているのだから。。
 
もしも僕が「ソロキャンパー」を
やるとするならば、
 
まずは人が集まって来てくれるように、
目を引くグッズを揃えるはず。
 
ダッチオーブンや燻製器などを
持ち込んでこだわりの
おつまみ料理をつくったり。
 
缶ビールも、
周りに配るように、
2ダースくらいは
買っていく。

食後のコーヒーも
生豆の状態から、
炭火で焙煎。
   
バチバチと、
豆を焙煎するところから
はじめるだろうし。。
  
しかし、
そういうことをしても、
周りの「ソロキャンパー」たちにとっては
「余計なお世話」ということになる。。
  
ただ、
そんな「孤高のソロキャンパー」である、
修羅SGの弟さんも、
最近新車を購入したという。
 
ホンダの軽バン(アクティブバン)。
しかも緑色。
 
なぜ緑色かというと、
自然と同化するためだと言う。
迷彩アーミー仕様の車のような
感じだろうか?
 
軽車の利点は、
ランニングコストが安いこと。
 
普通車よりも
高速代が安い。
 
さらには、
自動車税も、
本来商用の軽バンの方がお得。
 
永遠に使うつもりのない
助手席をたおしたままに
なっているので。
 
積載量も、 
そこらへんのSUV車よりも
ポテンシャルが増える。
 
物量の多いキャンプ道具を積んだり、
自転車などを積んだり、

助手席が倒れている状態は、
かなり縦に広くなっているので、
布団を敷けば、
車内泊だってできてしまう。
 
まさに、
男の「ソロキャンパー」にとっては、
自分だけの夢のアジト。 
 
 
◯共通して「修羅」は孤独に耐えられない・・・
  
修羅SG:
「よく独りで耐えられるよね。
 オレは無理だな。。」
 
孔明:
「根本的なシアワセの基準値が
 僕たちとは異なるのでしょうね。」
 
修羅SGと
お話していて気づいたことがある。
 
そう言えば、
修羅として10年以上
生き残り続けている御方々は皆、
根本的にひとりが嫌いなことがわかる。
   
いや、嫌いというよりは、
ひとりでいると寂しくて寂しくて、
死にそうになる。
  
皆、共通して、
人懐っこい。
  
複数人で一緒に飲んだり
語ったりすることが大好きだ。
 
僕も結果として、
旅先とかでひとりに
なってしまうことが多い。
 
けれども、
修羅SGや
他の仲間達が同じタイミングで、
いらっしゃる時には、
間違いなく合流を促す。
  
「ソロキャンパー」ならぬ、
「ソロゴルフ」なんかも
やったりしているが。

別に「ソロゴルフ」を
やりたくてやってるわけではなく。
  
一通り周りのヒマな
修羅たちに声をかけておいて、
誰もいなかった時に、
結果として「ソロゴルフ」に
なってしまってるだけ。
 
健康のために、
日本以外の国では、
なるべく火、水、金は
ゴルフに行こうと決めてるから。
   
また、
ひとりの時間を大切にする意味は、
孤独の寂しさに
とことん耐え続けることで、
  
来る日に、
仲間たちと共に、
一緒にゴルフ回れることを
夢見ている・・・。
 
つまり、
ハングリー精神や
モチベーションを高める
武者修行のようなものだ。
  
けれども、
「ソロゴルフ」をしていると、
そんな僕の様子を察してか、
 
意外と、
前とか後ろで回ってる誰かが、
4人組(ゴルフは最大4人組)でない限り、
 
外国人ゴルファーたちも、 
「一緒に回ろう!」と
声をかけて下さる。
 
そんな時僕は、
「サンキュー!」と、
満面の笑みを浮かべて、
直ちにジョイン。
  
固く握手を交わす。
  
結果的に、
何日も同じ場所に滞在していれば、
 
連絡先を交換して、
次に一緒に回るゴルフ仲間が、
チビチビとではあるが増える。
 
年齢層も、
年下から年上まで、
バラバラである。
 
そういう視点から
修羅SGと共に分析してみると。
  
修羅というのは、
共通して極度の寂しがり屋であり、
ひとりだと死にそうになる位
耐えられないというタイプの
方々ばかりという傾向が算出される。
  
「一人でも良い、
 自分だけ儲かればよい、
 お金だけを追い求めて・・・」

というタイプの方々は皆無である。
 
(そういう方は
 仮に波とかに乗って、
 短期間で稼げても
 すぐに「飛んでイスタンブール」) 
 
・・・ということで、
僕たちは改めて、
 
「自分がひとりだと
 寂しくて死にそう、
 仲間たちと一緒に活動したい!」
 
・・・という気持ちを大切に
生きることにした。
 
結果として孤独になってしまった時は、
それはそれで来る日に
仲間たちと集うことを楽しみに、
 
耐えることで
エネルギーを蓄積
するためのものとして。
  
 
追伸1
 
「ブロガー」として
成功されてる方々も、
共通してオフの世界では
めちゃくちゃ人懐っこい
方々が多い。
 
「みんな一緒に遊ぼうよ!」
という気持ちが、
WEBを通して素直に
現れるから。
 
多くの人たちが
集うのだと思う。
 
こういう根本的なベースがあっての、
「WEBマーケティング」に
なると思うので。
 
「独りが好きなのか?」
 
「みんなと一緒にいるのが好きなのか?」
 
そういう視点からも、
それぞれの「シアワセ」のあり方を、
考えてみるのも良いと思う。
  
 
追伸2

「ソロキャンパー」たちも、
会社の中の人間関係では
疲弊してしまうかもしれないが。
 
僕が見てきた中だと、
ひとたび「精神世界を共有できる仲間たち」
の存在、ありがたみを知った後。
 
それまでの人生が
嘘だったかのように、
 
途端に仲間たちとの
時間を大切にするように
なったりする場合も多い。
  
たとえば、
「ソロキャンパー」ではないが、
  
平城寿@SOHOも、
僕と出会ったばかりの頃は、
いつも独りで行動してる感じだったが。
 
新たに、
「スーパーエンジニア講座」を
立ち上げた後。
 
まったく別人のように変わった。
   
精神世界を共有できる仲間たちと
みんなで活動を共にするタイプの
人間に激変してしまった。
 
すると、
氏の発信するWEBを通して、
多くの方々が集うようになった。
 
これは、
平城寿@SOHOだけではなく、
多くのケースで見られた。
 
だから、
今日時点で「私は独りが好き!」
というタイプの方でも、
 
WEBを通して、
「精神世界を共有できる仲間」
と出会えた後は、
激変する可能性を
秘め持っていることが分かる。
 
これを全くのゼロの状態から、
具現化できてしまう「設計図」が、
「WEBマーケティング」の本質。
 
〜20年生き残る「WEBプロモーション」    
  ディープバージョン〜    
詳細・お申込みはこちら  
  
 
 
 
追伸3

修羅SGの弟さんのように、
「ソロキャンパー」として、
独り活動を楽しんでる方々も、
 
もしも、
「ソロキャンパー」ブログとか
立ち上げて、
 
日々発信する
メッセージを通して、
「精神世界を共有できるソロキャンパー」
たちが集ってきたとしたら。。
 
意外と変わってしまうのではないかな?
 
とも思った。
 
当然、
情報発信する・・・という
行動に移さない限り、
 
そういう流れの変化は
発生しないのであるが。。

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@文学錬金術師

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-WEBプロモーション, オンラインセミナー, 文学錬金術師 真田孔明

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.