知らないと損をしてしまう 

更新日:

ITの活用方法を知らないばかりに、 
損をしている人が本当に多いと思う。 
 
例えば一昔前までは当たり前のように、 
車を買うとカーナビをつけていた。 
 
カロッツエリアの1番良いやつだと、 
30万前後もした。 
 
男が新婚時代に新車で購入したのが、 
2007年式のボルボのV70。 
(サファイヤブラック) 
 
純正のカーナビがあまり良くないので、 
社外製のカロッツエリアの1番良いやつを購入。 
 
2015年のある日、銀座の歌舞伎座前で 
大事故を起こしてしまい、廃車となるまで、 
それから8年近くこの車にはお世話になった。 
 
日本のカーナビの機能は間違いなく世界一だ。 
しかしこのカーナビが普及するまでは、 
都道府県別の地図を常備して、 
デートの時にフル活用していたものだ。 
 
昭和の時代は紙の地図、 
平成の時代はカーナビ 
令和の時代は・・・ 
 
そう、今は完全にスマホがカーナビの 
代わりになっている。 
 
最初の頃はまだまだカーナビのほうが 
精度が高いという印象だったが、 
いつの頃からか、 
Googleマップにもカーナビの機能が搭載され、 
それからカーナビとGoogleマップを併用して 
使うようになった。 
 
カーナビとGoogleマップの双方に 
行き先を設定して、どちらが正確か検証をする。 
 
すると、必ずGoogleマップのほうが 
より早い到着時間が表示され、 
さらにその時間が正確なのだ。 
 
1分以上ズレることは殆どない。 
 
最近はカーナビは一切使わなくなってしまった。 
次に新しく車を買うとしても、 
今後カーナビをつけることは無いだろう。 
 
こういうことを知らない人は、 
相変わらずカーナビをつけるかもしれない。 
 
これで数十万円の差がついてしまう。 
 
 
●中古車販売事業Aさんの事例 
 
中古車販売事業を手がけるある経営者の方が、 
自社のホームページを制作したいと考え、 
ある会社に依頼をかけることにした。 
 
見積もりは約300万円。 
 
少し高いと思ったけれど、 
その会社のことを信頼していたし、 
満足できるものができるなら良いと思い、 
その金額で同意して支払ったという。 
 
ところが、満足できるものが完成しないばかりか、 
システムトラブルが発生しても 
まったく対応してくれないという、 
とても酷い状況だったそうだ。 
 
そんな時、男に相談があった。 
男がチェックをしてみたところ、 
相場からして100万円以下で収まる内容だったし、 
デジカメで撮影した重たい画像がそのまま 
ホームページに埋め込まれているなど、 
実に酷い仕上がりだった。 
 
男はこの社長からの相談に乗り、 
ホームページの最適化を行った。 
 
現在は問題なく運営できており、 
ホームページ経由のお問い合わせも増えている。 
 
 
●重機レンタル事業経営者Yさんの事例 
 
関東圏でブルドーザーなどの重機のレンタル事業を 
手がけている、二代目社長のYさん。 
 
YさんはWeb系の仕事をお願いできる 
スタッフを探したいと、 
20万円ほど支払って大手求人サイトに 
求人情報を掲載。 
 
応募があったのはたったの2名。 
 
しかも、その2名と面接をしたところ、 
自社が求めている人物像と乖離があったため、 
採用には至らなかった。 
 
20万円支払って採用がゼロ。 
 
つまり、Yさんは20万円を 
ドブに捨てることになってしまったのだ。 
 
そんな時、男に相談があった。 
 
男はYさんの話を聞き、 
Yさんの会社に必要とされる人材を分析した。 
 
その結果、正社員である必要は無いという 
結論になった。 
 
男は@SOHOをはじめとした外注パートナーの 
開拓の方法をYさんにお伝えした。 
 
このように、ITのことをあまりにも知らないために、 
知らないうちに損をしていることが 
あまりにも多いと思う。 
 
ITはゴール(目的ではなくツール(戦術) 
にあたるもの。 
 
うまく活用することで、 
売上を拡大したり 
利益率をアップさせたり 
コストを削減することができる。 
 
「お金に働かせる」という言葉があるが、 
「ITに働かせる」という言葉ができても 
良いと思うぐらい、ITを活用すると良いことが 
沢山ある。 
 
あなた自身がIT業界に転向する必要はないけれど、 
その活用方法を知っておいて絶対に損は無い。 
 
今回のオンラインセミナーでは、 
経営者が今身につけておくべきIT関連の基礎知識と、 
これから来るAIや5G通信の大きな変化「波」の変化を 
先取りして経営を革新させるための 
戦略と戦術を提案させていただく。 
 
▶黒虎のためのIT経営戦略最前線     
詳細はこちらから  
※2019年6月29日(土)24時申込締切 
 
「コンサル付きコース」にお申し込みいただければ、 
自社のIT活用具合をヒアリングさせていただき、 
アドバイスをさせていただくことができる。 
 
良くない業者に300万も支払ってもらったAさんも、 
求人サイトで20万円を無駄にしてしまったYさんも、 
予め男に相談ができていれば、 
お金を無駄にしなくて済んだかもしれない。

  • この記事を書いた人
アバター

平城寿@社長の右腕

『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書』(マイナビ出版)著者

日本最大級(会員約27万人)のビジネスマッチングサイト『@SOHO(https://www.atsoho.com)』の開発者であり創業者。

大学卒業後、内定をすべて辞退し半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半後に24歳で1度目の独立を果たす。

フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。

大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに就職し3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に『@SOHO』を立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。ITエンジニアの独立起業をサポートする 『スーパーエンジニア養成講座』を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し『海外ノマド』という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。

さらに、業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座『平城式Facebook』を開講。これからはピラミッド社会ではなく球体の社会になると予見し、既存のシガラミに囚われず価値観を共有できる仲間とつながるためのオンラインを中心としたコミュニ ティー『成幸村』を構想し実現。

一貫して『個人が自己実現をするための事業活動』を行っている。

-IT経営戦略最前線, 平城寿, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.