職業「I.T.」とイミグレカードに記載するが、実は・・・

投稿日:

最近僕が
個人的に「えっ?」と
思ったことがある。

それは、
僕、真田孔明が、
「I.T.得意人間」だと
思われていたこと。

確かに僕は
現役サラリーマンを辞めた後の
2011年からずっと、

MacBook一台を片手に、
世界中を旅している。。

この事実だけ見ると、
イメージ的には、

Macを使いこなし、
ありとあらゆる
I.T.ツールを活用しながら、

可憐にお仕事を
こなしている。

と普通なら
思われてしまう
かもしれない。

確かに言われて見れば、
日本への入国含めて、
各国に入国する際に記載する、
「イミグレカード」には、

「職業」を説明するのが
面倒くさいので、
職業欄に「I.T.」と記載している。

入国管理局の方が、
この欄を確認してくれていたとしたら、
「I.T.エンジニア」か何かなのかな?

・・・と思われるかもしれない。

けれども、
実際に僕をオフの世界で
知る人たちはよく知ってるけど。

Macで使いこなせるのは、
・ワード
・メモ帳
・メール

・・・の、
文章作成ツール系の
3種類位だろうか?

長くブロガーとしての
活動もしているにも関わらず、
いまだブログの投稿の仕方も
まともに知らない。

そもそも、
自分で投稿しないから(キッパリ)。

ただ、
I.T.エンジニアの方々が、
何やら黒い画面に向かって
パチパチ打ってるのを
「格好良いな!」と思ったことが
キッカケになり。

Macで打ち込む
「文章作成ツール」の
画面表示設定は、
「黒いやつ」にしているので。

僕がスタバで
Macを立ち上げて、
「文章作成ツール」に
パチパチしていたとしても。

周りの人たちが、
僕のMacの画面を
横目でチラ見した時は、

「あの人はI.T.エンジニアに
 違いない!」

・・・と、
羨望の眼差しで
見てくれることと
勝手に妄想している。

そういう意味で僕は、
「I.T.」と、

トレンディーな職業を、
職業欄に記載出来る
状態にいるのではないだろうか?

そんな上辺だけ「I.T.」状態の僕
であるが、

「I.T.ツール」には
どんなものがあり、
どう使うのか?は知っている。

なぜなら、
僕には以前から、

「I.T.」に関して
困ったら何でも解決してくれるし、
いつも先々の展開を
思案するのに必要な、

「ドラえもん」のような存在が、
「I.T.」周りの世界で
間近にいるからだ。

しかも、
単なるI.T.に詳しい、
専門家的に論じてるだけの
「I.T.オタク」ではなく。

最強の「I.T.エンジニア&経営者」。

まず重要なことは、
御本人が実際に、
「I.T.」を使いこなした
ビジネスを営むことで、
稼ぎ続けて来られた
実績を持っている。

某・国大工学部卒業後。

インターネットの世界では、
僕がブロガーとして
活動を開始した2004年よりも前、

比較的に早い段階で、
「I.T.エンジニア」として
「I.T.」に携わるお仕事をスタート。

2004年頃
僕がメインで活用していた、
とあるWEB上のショッピングカート機能も、
実は氏が一人で一から作り上げたもの。

今では、
ショッピングカートの導入会社全体で、
約500億円規模を売り上げるカート。

企業から受けた
エンジニアとしての業務を
フリーの請負として
こなしながらも。

日本最大級(会員約27万人)の
ビジネスマッチングサイト
を所有&運営をしている。

僕は彼と
出会ったばかりの頃から、

孔明:
「キミは日本でも数少ない
 稼ぎ方を知ってる
 I.T.エンジニアだね!」

孔明:
「一体どうやったら、
 そんなにお仕事を効率化できるの?」

孔明:
「まさに天才!
 I.T.の世界における
 「ドラえもん」のようだね!」

・・・という感じで、
僕の至らぬ(頭が働かぬ)
I.T.周りの部分を

孔明:
「えーん、ドラえも~ん(涙)」

彼:
「どうしたののび太くん!」

・・・的なやり取りで、
お願いしてしまっている。

振り返れば2010年。

唯一使いこなせていた
「文章作成ツール」
「Word」が、

当時のパソコン(ThinkPad)で
稼働させても、
超ゆっくり&フリーズ連発で、

孔明:
「えーん、ドラえも~ん(涙)」

と泣きつき、
アッサリと問題解決
頂いたのをキッカケに、

9年間が経過しようとしている。

◯自分一人でできることには限りアリ

「マンモス狩り」の時代から同じで
僕たち人間は一人では生きられない。

例えば「狩猟時代」、
地上最強の獣クン「マンモス」。

一方、僕たち人間は、
ひとりひとりは、
脚力、筋力、体力共に
貧弱であり。

厚い毛皮で覆われた
大型動物である「マンモス」を
絶対に1人では狩れない。

集団行動をする
「マンモス」の中から、

一匹の「マンモス」を
複数人で誘い出す。

遠くから槍で狙う。

池や沼地、崖に追い込み、
突き落とす。

落とした後で、
槍一斉に投射して
弱ったところを近づいて
とどめを刺す。

倒した後で、
分担しながら「マンモス」を
解体して持って変える。

「マンモス狩り」の
道具をつくる者。

「マンモス」の毛皮、肉、骨を
加工する者。

自分の得意なことを
それぞれ得意な人たちが集い
協力することで、

「「マンモス」を狩って
 日常生活に役立てる」

という一つの目標を
達成できる。

所詮は、
一人の人間が
考えられる範囲、
極められる範囲、
行動できる範囲、

というものは
限られている。

何かひとつの目標を
達成しようとした時。

自分一人で全てを
勉強したり、研究したり
しようとすると、
膨大な時間と労力とお金が
ムダにかかってしまう。

例えば、
仮に僕が彼と同じレベルで
「I.T.」に関して、
研究しようとしたら、

・国大工学部
・プログラミング知識習得
・I.T.企業就職・就労
・実際のWEBシステム作成
・WEBサイト作成&運営
・企業のエンジニア業務請負
・日頃のI.T.に関する研究 

・・・一体、
どれだけの膨大な年月と労力と、
お金が必要なのか?

想像するだけで、
気が遠くなり、
気を失いそうになる。

「ドラクエ」とか「FF」とか、
ゲームの世界だと、

戦士から魔法使いに、
武道家から僧侶に、
「ダーマの神殿」とかで
アッサリと転職して、

同じ戦闘を繰り返すことによって、
様々な職業が寄せ集まった
チームパーティー全体が、

一斉にレベルとパラメータが
上がっていくが。

現実世界では
そう簡単にはいかない。

少し、
専門分野を変えてみるだけで、
全く別の勉強や研究を
地道に積み上げ続けることが
求められてしまう。

とくに、
「I.T.」という分野に至っては、
深掘りして見れば見るほど、
本当に様々な分野があり。

1人の人間が、
あれもやって、
これも覚えて、
なんてまずできない。

そんな中、
確かに職業「I.T.」を
記載している僕であるが、

僕が選んだ道は、
自分で脳を働かせて、
手足を動かす形で、

カバーする範囲は
最小限に抑えながら。

自分ができることだけを
やること。

ただし、
「I.T.」に関する
「情報」が入り続ける
体制は整えておくことと。

「I.T.」にまつわる業務を
「アウトソーシング」したり、
「スタッフ」に任せることは、
シッカリ抑えている。

僕が「I.T.」に関して、

活用の仕方を知っていたり、
およそ困ることがない
状態であり続けたり、

職業「I.T.」で
あり続けられる理由は。

僕の「I.T.」分野における
「ドラえもん」的な存在が、
いるからだ。

それが、
平城寿@SOHO。

単なる「I.T.エンジニア」ではなく、
「I.T.エンジニア」もできる「I.T.経営者」。

「I.T.のび太」の僕が
「I.T.」分野において、
活動するにあたり、
頼りになる「ドラえもん」的な存在。

「I.T.を活用してビジネスで稼ぐ」を目的にした際、

・「I.T.」にまつわる最新の情報

・「I.T.ツール」による業務効率化方法

・「I.T.業務」の外注方法

・・・などなど、「I.T.」における
博士的に問題解決のお手伝いを
してくださるので。

とてもとても心強い次第である。

僕が、僕のできることだけに
集中特化しながらも、

「I.T.」にまつわる業界で、
活動を続けられるのも、

平城寿@SOHOのお陰であり、
感謝している。

今週末に開催される、
ZOOMセミナー『黒虎のためのIT経営戦略最前線』では、
「I.T.」における「ドラえもん」こと、

平城寿@SOHOが講師として、
最新のI.T.情報を、

「時間と場所の自由を手に入れるための 
 6つの黄金ルール」
として語っていただける。

「I.T.を使えば
 お金持ちになるか?」

というと一概にそうは言えないが。

「ある一定の法則」を抑えながら
「I.T.」をビジネスに活用できれば、

「ひとりビジネス」でも、
大規模ビジネスに匹敵する
ことを成し遂げられることがある。

その「一定の法則」が
「I.T.黄金ルール」。

・黄金ルールその1)動機 

・黄金ルールその2)再利用性

・黄金ルールその3)継続性 

・黄金ルールその4)拡張性 

・黄金ルールその5)口コミ性

・黄金ルールその6)革新性 

6つの視点から、
最新かつこれから先に使える
「I.T.」の活用方法を
先読みする形で伝授してくれる。

「I.T.」を見方に、

時間と場所とお金からの自由を
確保しながら、

ビジネスを行っていくための
「6つの黄金ルール」を、
共有頂く最良の機会。

共にこの機会を活用して
「I.T.」の活用方法を学びながら、
今後の対策を立てよう!

6月30日(日)日本時間22時~24時(ZOOM)
『黒虎のためのIT経営戦略最前線』
詳細はこちらから
※2019年6月29日(土)24時申込締切

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-IT経営戦略最前線, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.