「商品力」が重要か?「営業力」が重要か?

投稿日:

僕は子供の頃からずっと
「クリエイター」になりたかった。

でも、
社会に出て
最初に与えられた仕事が、
「営業マン」のお仕事だった。

その後、
運良く「営業マン」でありながら、
商品クリエイターにもなれる、
アジア支社に赴任になったことで。

子供の頃からの夢や希望、
「クリエイター」的なお仕事に
携われることになった・・・。

という経緯があり、
結果として僕は、

自分が「クリエイター」として
創った商品(モノ・情報・サービス)を
自分で売れる「営業マン」に
なることができたのであるが。

よりフラットに
世の中を見渡すと、

僕はどちらかと言うと、
それぞれの道のスペシャリスト。。。
というよりは、

「クリエイター」と「営業マン」の
架け橋的な存在に自分自身がなることで、
絶妙なバランスを取れるわけで。

「クリエイター」としては
僕よりも優れた方々は沢山いるし。

「営業マン」としても、
僕よりも優れた方々は沢山いる。

そして、
元々「クリエイター」に向いている
方々もいるし。

元々「営業マン」に向いている
方々もいる。

でも、
商品(モノ・情報・サービス)を
売ってくる「営業マン」としての
お仕事を与えられる人間は
沢山いるが。

商品(モノ・情報・サービス)を
創る「クリエイター」としての
お仕事を与えラエル人間は、
ゴクゴク少数だと思う。

「営業マン」としての、
いろはにほへとは、
インターネット上にも
沢山情報として転がっているが。

「クリエイター」としての
いろはにほへとは、
なかなか入手困難な情報だと思われる。

なぜなら、
通常「クリエイター」の仕事が
得意な方々ほど、

体系化したり、
言語化したりして、
「クリエイター」の「設計図」を
第三者にお伝えするのが苦手だったりして。

「クリエイター」というお仕事は、
とてもとても特別な、
ゴクゴク一部の方しか
できないお仕事なのでは・・・

ということが、
世間一般的な
常識になっていると思う。

けれども、
今回の平城寿@SOHOとの
「月例セミナー」の中では、

この「クリエイター」として、
商品の「企画開発」をする「設計図」を、

まったく「クリエイター」業務に
携わったことの無い方々でも
理解できるように、
言語化に挑戦させて頂く次第である。

◯永遠の「クリエイター」のための「設計図」

僕はこれまで、
サラリーマンとして、
副業ビジネスとして、
労働経営者として、

商品の企画開発、
「クリエイター」的なお仕事にも
沢山携わってきた。

その中で、
オリジナル商品(モノ・情報・サービス)を
沢山世の中に送り出す機会を持つことができた。

そして、
そのどれもが、
ただの一つも例外も無く、

物販であれば
自社在庫をただの一つも残すこと無く、
販売して収益化することができたし。

情報、サービスでも、
宣伝広告費をそれほどかけることなく、
販売して収益化させることができた。

もしもこの「クリエイター」としての
活動が1度、2度だけ、
たまたまできただけであれば、
偶然のラッキーと言われても
仕方が無いかも知れないが。

物販だけでなく、
情報でも、サービスでも
繰り返し再現可能だったということは。

それ相応の再現性のある
「設計図」というものが存在。

僕以外の第三者でも、
「設計図」通りにやってもらえれば、
再現できるということにもつながってくる。

現に、
平城寿@SOHOにも、
出会って最初にアドバイスさせて
頂いたのは「クリエイター」としての
「設計図」の部分。

そして以降彼も、
独自の「商品」を、
「クリエイター」として
創れるようになった。

周りからは、
「営業マン」的な、
レッテルを貼られてしまっている
僕であるが。

心の中では永遠の「クリエイター」で
ありたいと思っている僕。

剣だけを極める戦士だけでなく、
魔法だけを極める魔法使いだけでなく、

剣と魔法を使える、
魔法剣士のような感じで
ありたいと。

その要に当たるのが、
センスとか感覚とかそういうものではなく、
「設計図」。

なにせ僕は
センスと感覚の希薄な、
月財門なのだから。

◯「営業力」と「商品力」どちらが重要か?

「営業マン」としての
「営業力」があればいかなる商品でも売って
売上・利益を上げることができるのか?

「クリエイター」としての
商品力があれば、
売れる商品を生み出すことで、
誰が営業マンをやっても売れて
売上・利益を上げることができるのか?

これは、
メーカーの中でも、
論議が交わされる部分でもあるが、

僕が過去に、
物販で言うと年間200~1,000アイテムの
オリジナル商品を排出。

数多く、
情報・サービスも手がけて来た
経験則から結論付けてみると。

「商品力」というものは、
「営業マン」の力を
遥かに超越することがある場合が多い。

「クリエイター」として、
売れる「商品」を
創り出すことができれば、

「営業マン」としての力が
希薄であったとしても、
爆売へとつながってしまうことがある。

その証拠に、
僕が香港赴任初年度から、
お客さんからは「凄い営業マン」
の称号を頂くことになったが。

あれを分析すると明らかに、
僕が「営業マン」としての力で
「凄い営業マン」と言われたわけではなく。

僕が「クリエイター」として、
提案した商品が、
国を超越して売れて、
お客さんが右から左に
流すだけで売れたから
結果的に「凄い営業マン」になれたわけで。

提案する商品が
右から左に売れなければ、

何度お客さんの元に顔を出して、
商品を売り込もうとしても。

逆に「うざい営業」として、
煙たがれてしまうという真実がある。

僕が提案する「商品」が
売れるから各国のお客様が
歓迎して下さったのであり。

残酷な現実であるが、
「商品力」がなければ、
何度繰り返し足を運び、
いかなる口説き文句を並べたところで、

誰からも歓迎されない
「営業マン」と成り下がる。

「売れる商品」あっての
「売れる営業」になるのだと、
僕は従来の経験から
思い知った。

・・・ということで、
これまで副業ビジネスとして、
労働経営者として、

何を売ろうとしても
全く売れない・・・

と嘆く人生を送って来た方の大多数は、
「営業マン」としての力が
ある無し以前に、

「売れる商品」を創ったり、
見極めたりができないのでは・・・。

ごいう疑問符も浮き上がる。

そこで今回の
月例セミナーでのメインテーマは

「クリエイター」として、
「商品戦略」を構築するための「設計図」を公開。

受講者の方々が、
「クリエイター」でなくても、
「クリエイター」へと
ジョブチェンジするキッカケに
なるかもしれないし。

「営業マン」の方が、
「売れる商品」を見極める力を持てる
キッカケになるかもしれないし。

「クリエイター」になるか?

「営業マン」のままで行くか?

「クリエイター」&「営業マン」の
ミックスを目指すか?

それは受講者それぞれ
のやりたい事に、
準ずるところであるが。

そのお手伝いになれば幸いと、
「クリエイター」暦15年間の
「設計図」を公開させて頂く次第である。

2月23日(土)会場とZOOM両方で
同時開催するセミナー

詳細・お申込みはこちらから

真田孔明@文学錬金術師

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-商品戦略, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.