会社で出世を目指す道に答えは無かった・・・幻の富と権力、地位と名誉

更新日:

「僕はこの会社の部長になる!」

力強い決意を固めて、
東証一部に上場している
玩具企業に入社したはずだった・・・。

地方公務員教員職一筋の母、
サラリーマン一筋の父。

一度も転職することなく、
定年退職を迎える年以降も
務め続けた両親の元で生まれ育った僕。

自分がサラリーマンとして
歩み続ける道を、
信じて疑うことは無いはずだった・・・。

元々大勢の人の上に立つのが嫌いな
月財門の僕。

社長になろうとか、
役員になろうとかまでは、
正直思っていなかった。

でも、

サラリーマンとして
上場企業に
勤め上げ続けるためには、

富と権力、地位と名誉を
一度は獲得してみたい。
そのためには、
最低限「部長」は目指さなくては・・・
と強く思っていた。

けれども、

毎朝早く起床、
満員電車に揺られながら、
定時に出社することが、
当たり前の日常として
感じはじめた頃。

入社一年目の
夏も終わりに近づいた頃、
事件が発生した。

僕たち新人が配属された、
事業戦略部の、
課長・係長・主任が
全員リストラされてしまった。

イキナリ全く別の方々と
総入れ替えである。

一体何が起こったのかと
混乱するのは当然だった。

長年勤めあげた
サラリーマンにとって、
リストラとは死刑宣告に等しい。

けれども、
これは始まりに過ぎなかった。

翌年、
僕たち新人たちは
各事業部署に配属された。

僕が配属されたのは、
米国玩具企業との
コラボレーションを行う部署。

新しく配属された部署の中でも、
日常的にリストラの惨劇を
体感することになった。

朝礼の司会:
「今日は毎月恒例の
お別れ会を・・・あ、失礼致しました。」

・・・という失言に対して、
つい笑いそうになってしまったが、
下を向いてこらえた。

こんなふうに、
毎月のように、
先輩たちのお別れ会が
催されていた。

なんと、
全社員1,000人以下の企業で、
一年間で社員の3分の1が
入れ替わってしまったようだ。

その翌年には、
別のゲーム会社との
大規模な合併イベント。

社名が変わった。

合併した後も、
次から次へと、
上司・先輩方が退社したり、

二度と本社には戻れない、
関連会社・小会社へと
片道切符を手に異動して行く。

異動した先輩方の大多数は、
30代後半〜40代とかいう
若さだった・・・。

「有名な上場企業に入社すれば、
生涯安泰では無かったの?」

両親たちから聴いていた話とは
あまりにも違う、
サラリーマンとして直面した
過酷な現実。

サラリーマン神話
・右肩上がりの昇進、昇給
・終身雇用
・年金制度

・・・一体、
どこへ行ってしまったのか?

会社に心臓を捧げる形で、
長年真面目に勤務続けて来た、
歴戦の戦士たちが
アッサリと捨てられて行く。

主任も、係長も、課長も、部長も・・・

どんなに優れた
社内の肩書を持っていても
会社組織の外に
追い出されてしまえば。

会社員としての
地位も名誉も、権力も
何も意味が無くなってしまう。

残るのは、
会社の中で働いていたという
思い出だけ。

そんな中で僕は、
サラリーマンの身でありながら、
勤務している会社に内緒で
もう一つの収入を得てしまう。

そんな、
「悪の道」に手を染めた・・・。

結局僕は、
新卒として入社した会社に、
約12年間勤務し続けた。

しかし最後は、
会社をクビになった。

会社の中では
内緒にしていたはずの、
もう一つの顔を持っていることが、
社内中に、大々的にバレてしまった。

正確に言えば、
「円満退社」だったので、
クビとは言えず、
自主退職なのであるが。

「円満退社」とは、
円満ではない退社のことを言う。

実際は、
選択肢は他には無い状況に
追い込まれていた。

もしも、
バレていなければ・・・

「もう一つの顔」を持っていたとは言え、
会社を退社するつもりは
全く無かったのだが。

僕が持っていた、
「この会社の部長になる!」
という部分の目標は、
達成することは無かった。

けれども、
仮にあのまま、
会社組織の中に
残っていたとしても。

果たして僕は、
富と権力、地位と名誉を
獲得することができたのだろうか?

いや、
一時的には
富と権力、地位と名誉を
獲得できたとしても、

仮にリストラされて
しまったとしたら、

次の日から、
富と権力、地位と名誉は、
剥奪されてしまう。

◯戦場で立ったまま死にたかった父

僕の父は、
新卒で入社した、
上場企業に、
転職をすることもなく、
勤め上げた。

定年退職を迎える年
以降も務め続けられるはずだった。

僕が幼い頃、
両親と一緒にスキーに
何度か行ったことがあるおじさん。

父と同期入社の同僚。

代表取締役社長に
就任したこともあり。

プライベートでも
仲が良かった父は、

本社の役員・・・
という形では無いが、

マレーシア支社の社長。

日本の某エリアにある支社の社長。

主要子会社の社長職を
任され続けるという
幸運な道を歩いた。

同期入社の同僚が
代表取締役社長である限り、

定年を迎えた後も
働き続けられることを
約束されていた状態だった。

けれども、
日本の某地区にある
支社の社長をしていた頃。

突然の心臓破裂で
緊急入院した。

生存率10%の手術を
運良く切り抜け。

約1年以上のブランクを経て、
会社に復帰する準備を
整えていた時。

次はガンが見つかってしまった。

その後も、
入院と手術、
退院と再入院を
繰り返し。

生きているのが
不思議なくらい、
体中にメスが入りまくり。

最終的には
職場復帰に関して、
ドクターストップがかかってしまった。

「戦場で立ったまま死にたかった・・・」

父が悔し涙を流していた。

本社ではないが、
幸運にも部下が沢山いる支社の
社長職を続けることができた父。

一度は獲得することができた、
富と権力、地位と名誉。

その感触を、
忘れられなかったのかもしれない。

けれども、
一度会社を離れてしまうと、
富と権力、地位と名誉を
再び味わうことはできない。

誰もいない暗い家の中、
衰弱しきった身体を
いたわりながら暮らす日々だけが
現実となる。

そんな父の様子を見た時と、
僕の「副業バレ事件」が
重なってしまっていた。

だから僕は、
サラリーマンとして、
富と権力、地位と名誉の
獲得を目指して生きる道は、

ここで終止符を打とうと、
覚悟を固めることができた。

こうして僕は、
外の世界へ。

「ひとり社長」の道を、
探求する旅に出かけることになる。

確かに
「ひとり社長」として
生きる道には、

大きな会社組織の中で、
高みに君臨することで
得られるような、

富と権力、地位と名誉を
味わうことはできない。

けれども、
「ひとり社長」という道には、
定年退職は無い。

そして、
活動の手を止めない限り、

・人・場所・時間に囚われない日々。

・社員を一人も雇わなくても、
既存のビジネスを回すことができる。

・非労働集約型ビジネスの柱を
構築することができる。

・一生自分についてきてくれる
ファンを獲得することができる。

・I.T.&文学の力を駆使することで
異性からモテモテになる。

・「パソコン一台」だけで
世界中を旅することも、
家族との大切な時間を過ごすこともできる。

・自分自身の人生を通して、
果たすことができる使命・役割
「天命」を発動させることができる。

富と権力、地位と名誉とは
まったく別の種類の、
感動を味わい続けることができるのだ。

サラリーマンの父を持ち、
サラリーマンを12年間経験した僕。

そんな僕が、
サラリーマン神話が崩壊した今。

富と権力、地位と名誉を得るべく
会社組織の中で昇る代わりとして、
提案したいのが。

「ひとり社長」として生きる道。

平城寿@SOHO
真田孔明@四柱推命鑑定士、

今僕たち2人が、
歩み続けている道なのだ。

かつて、
「サラリーマン一筋」を
目指していたから語れることがある。

そんな想いを込めて、
僕たち自身、
それぞれが人生観を
変えることになった「ひとり社長の戦略術」。

来る7月8日(日)東京にて、
10時間合宿として公開させて頂く。

この合宿の中では、
真田孔明が教わった、
平城寿@SOHOの
I.T.ツールで稼ぐ方法。

平城寿@SOHOが教わった
真田孔明の
文学=ライティングで稼ぐ方法。

I.T.ツールと、文学ライティングの
融合的な活用方法を、
ディープに解析。

僕たちがこれまで、
「ひとり社長」として
叩き出して来た実績の「裏舞台」を
余すこと無く公開していくことになる。

・日時:
2018年7月8日(日)10時〜21時

・会場:
東京駅・銀座近辺の会議室
※お申込後にご案内

・受講費:
通常19万8,000円
→ 特別割引価格9万8,000円

今回の10時間合宿は、
受講費通常19万8,000円のところ、
開催第一回特別価格の
98,000円で受講可能。

「ひとり社長のための錬金術倶楽部」
https://renkin.jp/seminar/

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@文学錬金術師

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

ひとり社長のための錬金術セミナー

-文学錬金術師 真田孔明

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.