億超えビジネスの設計図『黒虎三角形』 

更新日:

K氏は言った。 
 
K氏: 
『平城さんは既に独立起業して実績があるので、 
 結果を出すのが早いと思います。』 
 
男: 
『ええ〜、そうなんですかね!? 
 僕はITエンジニアとして独立起業をして 
 3年になります。 
 でも、技術的な面でいえば上には上がいますし、 
 第一人者なんてとてもじゃないけど言えません。 
 たまたまこの3年は運が良かったのかも 
 しれないので、自分の実力にもまだはっきりとした 
 確信が持てません。 
 
 あと、@SOHOを作りましたけど、 
 こんなサイトの作り方なんてニッチすぎて、 
 知りたい人がいるのかどうか・・・』 
 
K氏: 
『ちなみに、これまでに仕事を教えてきた 
 後輩などで、1番印象に残っているのは誰ですか?』 
 
男: 
『そうですね、独立起業した後の取引先の営業マン 
 のI君なのですが、技術的なことが 
 全然わかっていなくてお客さんと変な調整を 
 してきたりしていたので、いつも僕のほうから 
 事細かに指示していましたね。』 
 
K氏: 
『それいいですね。 
 ではその人に手紙を書くつもりで発信してみましょう。』 
 
男: 
『そうですか、まだうまくいくか半信半疑ですが・・・・ 
 確かに、僕の中では当たり前と思っていることが、 
 Iくんには当たり前ではなかったということですよね。 
 ということは、もしかしたらこれは 
 ノウハウといって良いことかもしれません。』 
 
この会話は男がまだ情報発信をスタートする前の 
2010年後半に交わされたものだ。 
 
この時点では男は、 
自分の知識・経験をお金に変えられるなんて、 
夢にも思っていなかった。 
 
いや、正確には、夢には見ていたけれど、 
それがお金になる実感が持てていなかった。 
 
ところが、K氏のコンサルティングを受けながら、 
素直にアウトプットしていったところ。 
 
その半年後には初セミナーを開催することができ、 
1回のセミナーで50万円前後の収益を出すことが 
できてしまったのだ。 
 
さらに、現在男が主催している 
『スーパーエンジニア養成講座』 
を立ち上げることもできた。 
 
それから6年後の2016年。 
 
男はK氏と共に、 
ネットを使って独立起業したい人向けに、 
情報ビジネスのやり方を教える講座も展開するようにになっていた。 
 
講座の中でK氏がある日突然、 
Excelで1枚ページ分の 
『ブロガー三角形』なるものを持ち出してきた。 
 
K氏によると、ネットで稼げる分野は 
4つに集約されるので、 
まずはこの4つの分野のうちどれかを選ぶ。 
 
そしてこの『ブロガー三角形』のシートを埋めると、 
スタートする前からお金になるかどうか判断できる。 
 
これを受講生に埋めてもらうことで、 
アドバイスがしやすくなる、というものだった。 
 
男はこのシートを見て驚いた。 
 
男は今まで意識していなかったけれど、 
男が展開してきた 
『スーパーエンジニア養成講座』は、 
K氏からのアドバイスを着実に実践していった結果、 
しっかりとこの三角形が出来上がっていたのだ。 
 
これを見た時、男はまさに、 
映画『ベスト・キッド』だと思った。 
 
主人公のダニエルは師匠のミヤギから 
床のワックスがけやペンキ塗りをさせられ、 
一見雑用にしか見えなかった。 
 
ところがいざ空手の試合に出て見ると、 
それらの動きが自然と空手に取り入れられ、 
完璧な空手をマスターすることができていたのだ。 
 
 
男も、成功できる実感が沸かないまま、 
K氏のアドバイスのとおりに実践をしていたのが、 
ちょうどワックスがけやペンキ塗りのようなものだ。 
 
男はK氏のことを強く信頼していたので、 
素直に実践することができたのだが、 
正直この三角形は見えていなかった。 
 
K氏は当時から、 
この三角形が見えていたのだろうか? 
 
男とK氏の講座でも、 
この三角形の設計図を取り入れることにより、 
受講生のビジネスプランがお金になりそうかどうか、 
設計図を見ただけで判断ができるようになった。 
 
このシートのことを、 
当時は『ブロガー三角形』と読んでいた。 
 
ところが・・・。 
 
K氏: 
『そういえば、もはやこの「ブロガー三角形」 
 という呼び方もふさわしくないと思えてきました。 
 
 僕が今後ネットビジネスについて語るのを 
 辞めると決めたのもありますが、 
 この三角形はビジネス全般に 
 適用できるものであり、 
 億を超える実績を持っている経営者は皆、 
 この三角形を持っています。 
 
 ということで、このシートを「黒虎三角形」 
 として再定義することにしました。』 
 
なるほど、確かに、男の過去を振り返ってみても、 
うまくいったビジネスについては 
この三角形が成り立ち、 
そうでないビジネスについては 
この三角形ができていなかったな・・・。 
 
ビジネスをスタートする時によく、 
事業計画書を作りましょうという話があるけれど、 
事業計画書の作成なんて正直いって複雑で面倒な作業だ。 
 
でもこのA4の1枚のシートを完成させるだけであれば、 
敷居は格段に下がるし、見通しが立てやすくなる。 
 
しかも、常にこれを手元に置いて頭に叩き込めば、 
自分自身が途中ブレることもなくなる。 
 
なんと素晴らしいシートなのだろうか! 
 
過去にも、 
 
・後光のストーリーフォーミュラ 
・吟遊メルマニストの「フィナーレ(終曲)」 
 
などといったテンプレートを、 
K氏はある日突然、 
目の前で作って見せてくれた。 
 
もともとK氏の頭の中にあったものなのか、 
それとも突然K氏の頭の中に降りてきたのかは 
わからないが、 
これを見るとK氏がこれまで、 
サラリーマン時代から爆発的なヒット商品を 
生み出すことができた理由はよくわかる。 
 
過去に一世を風靡した 
・なめ猫 
・ビックリマンチョコ 
・高橋名人の16連射「シュウォッチ」 
・ドラゴンクエスト 
・たまごっち 
・ビリーズブートキャンプ 
・ぴこ太郎 
 
といったものも、 
たまたまヒットしたわけではなく、 
しっかりとした設計図が描かれていたのだろう、 
ということも想像がつく。 
 
そして今回、『ブロガー三角形』が『黒虎三角形』 
としてアップデートされる。 
 
きょうどK氏が本日からメルボルン入りし、 
21日(日)の22時から開催される、 
今回のオンラインセミナーの準備にとりかかる。 
 
男はK氏から一足早くこの『黒虎三角形』を入手し、 
現在の自分の事業や今後予定している事業を 
この三角形にあてはめてみて検証してみたいと思う。 
 
その結果を、21日にも公開させていただく予定である。 
 
▶4月21日(日)22時〜開催決定! 
 億超えビジネスマンのための「黒虎三角形」 
 ※申込み期限:2019年4月20日(土)24時
詳細とお申込みはこちらから

  • この記事を書いた人
アバター

平城寿@社長の右腕

『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書』(マイナビ出版)著者

日本最大級(会員約27万人)のビジネスマッチングサイト『@SOHO(https://www.atsoho.com)』の開発者であり創業者。

大学卒業後、内定をすべて辞退し半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半後に24歳で1度目の独立を果たす。

フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。

大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに就職し3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に『@SOHO』を立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。ITエンジニアの独立起業をサポートする 『スーパーエンジニア養成講座』を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し『海外ノマド』という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。

さらに、業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座『平城式Facebook』を開講。これからはピラミッド社会ではなく球体の社会になると予見し、既存のシガラミに囚われず価値観を共有できる仲間とつながるためのオンラインを中心としたコミュニ ティー『成幸村』を構想し実現。

一貫して『個人が自己実現をするための事業活動』を行っている。

-平城寿, 黒虎の奥義, 黒虎三角形

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.