人間関係を制す者はビジネスを制す

更新日:

四柱推命を究極までにビジネスに特化して 
追求したもの、それが『門学』。 
 
男は20代の頃、ビジネス上の人間関係において 
沢山の苦労を経験してきた。 
 
・22歳 
 入社した会社で性格の悪い年下の上司が 
 ついてしまい、馬車馬のようにこき使われた。 
 
・23歳 
 ネット上で知り合ったビジネスパートナーと共に 
 ショッピングカートのレンタルビジネスを 
 立ち上げる。 
 ビジネスは軌道にのったものの、 
 途中でパートナーからビジネスを一方的に 
 追い出されてしまう。 
 仕方がないので同じビジネスを自分で 
 スタートしたところ、 
 元パートナーから損害賠償を求める 
 内容証明郵便が届く。 
 
・23歳 
 ネット上で知り合った会社経営者の仕事を 
 手伝うことになり、フタを開ければ 
 時給換算だと500円になってしまった。 
 
・24歳 
 人生で初めて幼馴染と共に会社を作る。 
 幼馴染がお金を持っていなかったので、 
 個人的に45万円を貸していた。 
 会社設立後1ヶ月で喧嘩別れとなり、 
 貸していたお金も帰って来ず。 
 
・26歳 
 @SOHOを立ち上げ軌道に乗り、 
 提携をもちかけられるも、 
 実はとても自社に不平等な条件 
 となってしまっていた。 
 
・28歳 
 ガラの悪い経営者に、 
 @SOHOを乗っ取られそうになった。 
 
 
このように、20代の頃を振り返ってみると、 
かなり人間関係のトラブルを抱えていた 
ことがわかる。 
 
その原因は、命運によるものというだけでなく、 
自分自身のビジネススキルと経験の足りなさ、 
という点も大いにあったと思うのだが。。 
 
32歳の時にK氏と出会い、 
間違いなく大きく流れが変わっていった。 
 
海外の割合が増え、 
そして海外移住まで実現してしまうことに。 
 
K氏の話によると、 
人の運命の転換期には、 
必ず人との出会いがあるという。 
 
その影響力の強さによって、 
影響力の弱いほうが強い方の影響を受ける。 
 
良い影響もあれば、悪い影響もある。 
 
そう考えると、我々の存在は、 
宇宙に浮かぶ星達と同じようなものなのかも 
しれない。 
 
自分の目の前に現れた星が恒星なのか惑星なのか、 
隕石なのか? 
 
自分に害を及ぼすものなのか、 
プラスの影響をもたらすものなのか? 
 
一歩間違えば、 
強大な引力を持つブラックホールに 
飲み込まれてしまうかもしれない。 
 
男はK氏と出会って共に活動をする中で、 
山も谷も経験したけれど、 
K氏が鑑定士として「発動」をしてからは、 
不思議と人間関係のトラブルが皆無になった。 
 
ビジネスにおいて重要なのは、 
やはり自分を取り巻く人間関係。 
 
これは会社員時代だけでなく、 
独立起業しても同じだ。 
 
ここがうまくいかないと、 
相手からエネルギーを奪われてしまい、 
自分のモチベーションが下がってしまったり、 
大きなストレスを抱えたりする。 
 
男は現在、誰かとビジネスで組もうとする場合、 
事前に必ずK氏に相談をして、 
相手の鑑定をお願いする。 
 
その時点では当たっているかわからないが、 
後々、ドンピシャだったということがよくわかる。 
 
そのおかげで大きな問題無く進めることが 
できているので、本当に感謝である。 
 
自分自身の門が何なのかというのは、 
鑑定を受ければ教えてもらえる。 
 
ところが、その結果をもとに、 
どのように活用していけば良いかは、 
かなり奥が深いもの。 
 
自分自身の門を知り、 
従業員やビジネスパートナーの門を知り、 
そして相手との関係性を知ることで、 
ビジネス環境は大きく変わっていく。  
  
5月19日(日)10時〜14時開催決定!   
 〜命運から立命への道〜  
 黒虎のための「門学経営術」     
 ※申込み期限:2019年5月18日(土)24時  

詳細・お申込みはこちらから
  
<追伸1>  
門の基礎知識が理解しているという前提なので、  
まだ門のことがよくわかっていない場合は、  
以下から事前に予習をしておいていただきたい。  
  
●「門学」の基礎知識  
以下からK氏の書籍を購入し、  
特典申請していただくと、  
「門学」について解説した24時間にも渡る動画を入手することができる。  
この動画をひととおり予習してから参加されることをオススメする。  

  
<追伸2>  
事前に動画を視聴することが難しい場合は、  
以下のKindle書籍で予習するのもアリだ。  
  
門学1基礎編  
門学2「立門」編  
門学3「創門」編 
門学4「財門」編
門学5「官門」編  
門学6「修門」編

  • この記事を書いた人
アバター

平城寿@社長の右腕

『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書』(マイナビ出版)著者

日本最大級(会員約27万人)のビジネスマッチングサイト『@SOHO(https://www.atsoho.com)』の開発者であり創業者。

大学卒業後、内定をすべて辞退し半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半後に24歳で1度目の独立を果たす。

フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。

大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに就職し3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に『@SOHO』を立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。ITエンジニアの独立起業をサポートする 『スーパーエンジニア養成講座』を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し『海外ノマド』という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。

さらに、業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座『平城式Facebook』を開講。これからはピラミッド社会ではなく球体の社会になると予見し、既存のシガラミに囚われず価値観を共有できる仲間とつながるためのオンラインを中心としたコミュニ ティー『成幸村』を構想し実現。

一貫して『個人が自己実現をするための事業活動』を行っている。

-平城寿, 門学経営術, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.