静かなる「I.T.戦争」に備えて。。昭和生まれvs平成生まれ

更新日:

あの日僕たちは
「I.T.」の存在を知り
「I.T.」に魅了され、
「I.T.」を使いこなせるようになったことで。
  
合戦の時代で例えると、
万の兵士に勝るとも劣らない力を
手に入れた。
 
「I.T.」とは、
「インフォメーションテクノロジー(情報技術)」
の総称。
 
コンピューターや
インターネットデータ通信に
関する技術。
 
インターネット、通信インフラなどを
組み合わせて
ビジネスにおける業務や
日常生活に役立てている。
 
1995年(平成7年)の
「Windows95」発売と
インターネット接続料金の低廉化
によって人類の中に
爆発的に普及。
 
以降、
僕たちの日常には
欠かせないものになっている。
 
平成の時代。
 
僕たちは
「I.T.」に魅了され、
「I.T.」を活用したことで、
それまで、 
何十人、何百人分の
社員がいなければ
実現できなかったことを。
 
個人でも、部屋の中、
たった一大のパソコンに向かって
パチパチするだけで
実現できることになった。
  
平城寿が一人で立ち上げた
@SOHOは27万人もの
方々が利用している。
 
真田孔明が一人で
発信を続けるメルマガも
10万の方々が受信し続けて来た。 
   
戦術が戦略を超えるほどの
大きなウネリも経験した。
  
「ひとり社長」レベルの
小資本、少人数の
ピーナッツ程度の小さな事業者が、
 
大手と対等に渡り合える
ビジネスを展開できることもある。
 
その結果、
時間、場所、お金からの
自由を手に入れることになった。
 
「平成」が終わり、
「令和」の時代を迎えた今、
僕たち2人が改めて
断言できることがある。
 
それは・・・
 
僕たち黒虎経営者にとって「I.T.」は、
単なるツールではなく、
経営の主軸となって来たということ。
  
モノ、サービス、情報
いかなるビジネスを
取り組む際にも、
 
予め「I.T.」軸とした
経営戦略を組み立てることが
必至となっている。
 
 
◯昭和生まれの仲間たちへ、本当に大丈夫だろうか?
 
今世の中では水面下で、
静かなる、大きな
2極化が進んでいる。
 
それは・・・
「I.T.」を使いこなせない者たち 
「I.T.」を使いこなせる者たち。
 
1995年(平成7年)に
生まれた方々は、
現在24歳。
 
既に社会で
活躍しはじめている。
 
彼ら平成生まれの
新時代の若者たちは、
物心ついた時にはすでに、
「I.T.」が当たり前のように存在。
   
僕たちが子供の頃、
説明書も読まずに、
ビデオの再生&録画ができて
両親を驚かせたように。
 
YouTube、Twitter、Instagram、アメーバピグ、
検索を駆使した情報検索・・・
スマホやiPadを使って
彼らは「I.T.」を
誰から教わることも無く使いこなす。
 
驚くべきことは、
小学生、中学生、高校生、大学生・・・
受験勉強、スポーツ、就職活動。
 
能動的に自分の意志で
何かの結果を掴みたいと考える
者たちは。
 
大人顔負けの情報収集能力で、
微塵もムダも無い、
達成までの設計図を
組み立てて来る者たちまで続出。
 
学校の世界でも、
かなりハイレベルな
「情報戦」とも言える
闘い方を見せる者たちが
急増している事実を
見逃すことができない。
 
一方、
子供時代には
「I.T.」の存在など皆無だった
昭和の時代に生まれた世代。
 
頑張ってる人たちも
沢山いることはいるが。
YouTube、Facebook、ブログ、
なんとなくの閲覧に
「I.T.」活用するのは
ようやく日常になって来たものの。
   
「I.T.」は苦手!と決めつけ、
本格的に経営戦略の中に
取り入れることを
拒否し続けたまま。
 
昭和からの流れを組む
ビジネス商慣習に
しがみ続けた者たち。
  
平成生まれの彼らと比べると、
未だ「竹ヤリ」を手に、
奮闘してる闘い方を
続けている方々も多い。
 
昭和生まれの仲間たちへ・・・
 
本当に今のままで
大丈夫だろうか?
 
ビジネスの世界では、
年齢も性別も関係なく、
 
必然的に、
勝つ者、負ける者たちが、
決定づけられてしまう世界。
 
「I.T.」に抵抗の無い、
平成生まれの若者たちが 
本格的に社会人として
躍り出てくる時、
 
真っ先に仕事を
奪われていくのは、
時代の変化についていけない、
昭和生まれの方々なのでは
ないだろうか?
 
そこで今回は、
昭和生まれでありながら、
「I.T.」の波にいち早く気づき。
  
「ひとり社長」でありながら、
大局戦を展開できた2人が。
 
「令和」の時代に
起こりうる世の中の「I.T.」の
動向と。
 
それが、
ビジネスにどのように
影響を及ぼして行くかについて
 
「昭和の僕たちの言葉」に
置き換えながら
分かりやすく解説させて頂く。
 
・ITが単なるツールから経営の主軸となってきている理由
・GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)などのプ
 ラットフォームを利用する意味と問題点
・スマホ革命によって世の中はどのように変化したのか?
・5G回線(次世代移動通信)はいつから導入され、
 何がどのように変わるのか?
・なぜAIがここまで話題になっているのか?
 AIによって世の中はどのように変わっていくのか?
・IoTで世の中はどのようになっていくのか?
・VR(バーチャルリアリティー)で
 世の中はどのようになっていくのか?
・これからどのようなサービスが生まれていくのか?
・業界別!日本にまだ無くてこれから流行るサービス
・「ひとり社長」が経営に活用すべきITツール
・小規模企業(従業員あり)が経営に活用すべきITツール
・経営者として抑えておくべきIT用語集
  
ZOOM形式のオンラインセミナー
『黒虎のためのI.T.経営戦略最前線』
 
今回のオンラインセミナーを
受講することで、
現在世の中でどのような
I.T.周りの変化が起きているのか?
 
「令和」の時代で
どの様になっていくのか?
 
ご自身のビジネスに
どのように生かして行くのか?
 
「令和」の時代に、
時代を先読みしながら
経営戦略を先回りしながら
組み立てられるように、
 
必要不可欠な
「I.T.」の動向や知識を、
伝授させて頂く。
2019年6月30日(日)22時〜24時
ZOOM形式のオンラインセミナー
『黒虎のためのI.T.経営戦略最前線』
詳細はこちらから

  • この記事を書いた人
真田孔明

真田孔明@社長の左腕

『他では絶対聞けない!お金を増やす究極 のしくみ
』
(KADOKAWA/角川学芸出版社)著者

日本最大手玩具メーカー海外営業&マーケティング担当として働く傍ら、インターネット上のメルマガ、ブログ、SNSを介した運命調整(命名・世界観・キャラクター設定)に特化したビジネス・経営コンサルタントを開始。

これまで2万人を超えるビジネスマンたちの運命調整をすることで、年間億単位の収入を稼ぎ出す成幸者を多数排出してきた。

経済的な成幸を得た後は、華僑に伝わる「門」「命運のシナリオ」「男女陰陽太極図」を元にした四柱推命鑑定士としての運命調整力を武器に、現在人間関係の問題の解決をお手伝いするために、大富豪や仙人など「生きる伝説」たち直伝の戦略術が凝縮されている「帝王学」の研究と啓蒙活動を行っている。

-IT経営戦略最前線, 真田孔明, 黒虎の奥義

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.