一生のお客様を作る方法 

更新日:

K氏: 
『平城さんは最近、何か買ったものはありますか?』 
 
男: 
『はい、メルボルンに来て、 
 普段もち歩いているバックパックが 
 きつくなったので、 
 もっと大きめのものが欲しいと思い、 
 ネットで探して購入しました。』 
 
K氏: 
『購入を決めたポイントは何でしたか?』 
 
男: 
『はい、ブランド名は「Douchebags」 
 というのですが、まず興味を惹かれた点は、 
 このブランドは世界的なプロスキーヤーが 
 自分が試合に行く時のためにスタートした 
 という「ストーリー」ですね。 
 
 そしてスキー用なので耐水性のある生地で作られていて、 
 スキーブーツを入れるために背中の入り口が 
 広く開けられるようになっているんです。 
 
 この形だと、ノマドグッズも 
 出し入れしやすいんですよね。 
 
 2点目がこの「機能性」です。 
 
 さらに、時々有名な人とコラボモデルを 
 出していて、今回僕が購入したのは、 
 ジョンオルソンというプロスキーヤーとの 
 コラボモデルです。 
 
 プロモーションムービーはこちら: 
 https://www.youtube.com/watch?v=HO9WTdSvyxQ 
 
 日本でもたま〜に見かけていたのですが、 
 まだまだ持っている人は少ないです。 
 
 さらにこのモデルは既に販売終了しているので、 
 世界的に手に入れるのが難しく、 
 ネットでさんざん探した結果、 
 ドイツの大手スポーツショップで販売していたので、 
 そこで注文して現在納品待ちです。 
 (希少性)』 
 
と、男の最近の購買活動を振り返ることになった。 
 
こういう有名ブランドに共通するポイントは、 
 
1)ストーリー性 
2)機能性 
3)希少性 
 
を押えており、さらに超有名ブランドになると、 
これに 
 
4)ライフスタイル 
 
が加わる。 
 
男も実は、このバックパックを購入する際に、 
 
『このバックパックがある生活』 
 
をあれこれ妄想していた。 
 
洋服を買う時、家具を選ぶ時、 
住居を選ぶ時、車を選ぶ時。 
 
様々な購買活動をする時に、 
相手に「●●があるライフスタイル」 
を想像させることができるかどうか? 
 
が、今後ビジネスで生き残れるかどうかの 
最重要ポイントになるという。 
 
それが、 
『ライフタイム・バリュー・マーケティング 
(LTVM)』 
だ。 
 
お客様があなたの商品・サービスを1回だけ購入して 
終わるのか、それとも一生のお客様になってくれるのか? 
 
後者のほうが当然ながら、 
あなたのビジネスは安定し繁栄していく。 
 
昨日のオンラインzoomセミナーを通して、 
K氏から話を聞きながら、 
まさにあらためてLTVMの重要性を認識した。 
 
これは情報ビジネスに限った話ではなく、 
それは物販であれ店舗ビジネスであれ同じことだ。 
 
例えば物販であればアップル、 
店舗ビジネスであればスターバックスのように。 
 
多くの人達が、 
「物販で稼げますか?」 
「アフィリエイトで稼げますか?」 
「情報ビジネスで稼げますか?」 
 
といった質問をしてくるけれど、 
これらは単なる「手段」にすぎない。 
 
手段ばかり追い求めても、 
永遠に稼ぐことはできない。 
 
その前段としてこの『黒虎三角形』が 
しっかりと固まっていれば、 
どんな分野でも稼ぐことができると、 
あらためて実感することができた。 
 
▶億超えビジネスマンのための「黒虎三角形」     
※動画購入は4月30日(火)24時迄 
詳細とお申込みはこちらから
 
<追伸> 
男が時々言われる言葉として、 
『平城さんのようなライフスタイルに憧れます!』 
と言われることが多いのだが、 
これは少しでもLTVMが実践できている 
ということかもしれない。

  • この記事を書いた人
アバター

平城寿@社長の右腕

『ITエンジニアのための「人生戦略の」教科書』(マイナビ出版)著者

日本最大級(会員約27万人)のビジネスマッチングサイト『@SOHO(https://www.atsoho.com)』の開発者であり創業者。

大学卒業後、内定をすべて辞退し半年間起業の道を模索するも断念。消去法で福岡のIT企業に就職し在職中にショッピングカートのレンタルシステムをヒットさせ1年半後に24歳で1度目の独立を果たす。

フリーランスのITエンジニアとして活動しつつベンチャー企業のCTOを兼任。

大規模システムの経験を積むため26歳でアクセンチュアに就職し3年間トップ5%の評価を維持する。在職中に『@SOHO』を立ち上げ、軌道に乗せて29歳で2度目の独立を果たす。ITエンジニアの独立起業をサポートする 『スーパーエンジニア養成講座』を開講。2万人のメールマガジン読者にアドバイスを行う。その後活動の場を海外に広げ、海外でのノマドスタイルを確立し『海外ノマド』という言葉を自ら定義し啓蒙活動を行う。

さらに、業種にとらわれずに独立起業を加速させるための講座『平城式Facebook』を開講。これからはピラミッド社会ではなく球体の社会になると予見し、既存のシガラミに囚われず価値観を共有できる仲間とつながるためのオンラインを中心としたコミュニ ティー『成幸村』を構想し実現。

一貫して『個人が自己実現をするための事業活動』を行っている。

-平城寿, 黒虎の奥義, 黒虎三角形

Copyright© ひとり社長のための錬金術倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.